Web3関連

NFTを買うために必要な3種の神器はこうやって準備しよう!

NFTを買ってみたい!NFTコレクションを出品してみたい!NFTの売買には、3種の神器が必要なのはご存じですか?

日本円では残念ながら直接購入することができないNFT。NFT売買に必要な3種の神器はこの順番に揃えていく必要があります。

  • 国内仮想通貨取引所の口座開設
  • 仮想通貨イーサ(ETH)を用意する
  • 仮想通貨ウォレット「メタマスク」を導入する
ミタマ

順番に開設していきますね

【Step1】国内仮想通貨取引所の口座開設

国内仮想通貨取引所は無数に存在します。中でもおすすめなのが、コインチェックビットフライヤーです。

コインチェックは、シンプルなサイトで初心者に分かりやすい設計で、ガスや電気契約でビットコインがもらえます。

ビットフライヤーは、100円から仮想通貨が購入でき、ビットコインがもらえるカードが発行できます。

どちらかだけしか開設できない訳ではないので、用途によって使い分けるのもアリです。

ミタマ

わたしは両方とも口座開設して使い分けています

NFTを売買する、仮想通貨を所有するには必ず仮想通貨取引所が必要なので、開設しておきましょう。

コインチェック公式サイト→https://coincheck.com/ja

ビットフライヤー公式サイト→https://bitflyer.com/ja-jp/

口座開設方法は、別記事に手順をまとめていますのでそちらも参考にしてみてください。

合わせて読みたい
合わせて読みたい

【Step2】仮想通貨イーサ(ETH)を用意する

上記の仮想通貨取引所ができたら、実際に仮想通貨イーサ(ETH)を購入してみましょう。

購入の手順は、ビットフライヤーアプリでの購入方法を下記記事にまとめています。方法がわからない場合は参考にしてみてください。

関連記事を読む
ミタマ

イーサはどれくらい用意すればいいの?

購入したいNFTによって、必要なイーサは変わってきます。可能であれば、1ETHあるといいですが、04〜0.6ETHほどあればいいかと思います。

【Step3】仮想通貨ウォレット「メタマスク」を導入しよう

メタマスクの導入方法は下記の記事にまとめています。こちらを参考にして導入してみてください。

参考記事を読む

NFTを購入するために必要な3種の神器を用意する方法をまとめます

どれかひとつでも欠けるとNFTは購入できません。

3種の神器入手順はこちら

  1. 仮想通貨取引所の開設
  2. 開いた取引所で仮想通貨イーサ(ETH)を買う
  3. メタマスクを導入する
ホーム » Web3関連 » NFTを買うために必要な3種の神器はこうやって準備しよう!
a

-Web3関連
-,