Web3関連

Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)する方法

ミタマ

この記事ではイーサスキャンからのリボーク方法をまとめています

一度でもOpenSeaにリストしたコレクションは、

ずっとアプルーブ(Approve)したままとなっており

いつでも取り出していいよ!という許可を与えたままになっています。

そのため、定期的なリボーク(REVOKE)をおすすめします。

この記事でわかること

  • Approve(アプルーブ)とREVOKE(リボーク)の考え方
  • Etherscanで行うREVOKE(リボーク)のやり方
  • REVOKEを行う際の注意点

Approve(アプルーブ)とREVOKE(リボーク)の考え方

初めに、Approve(アプルーブ)とREVOKE(リボーク)を考えましょう。

鍵
アプルーブは玄関の鍵!?

普段、在宅外出問わず自宅の施錠はされていますか?

泥棒をはじめ誰かが急に侵入してきたら恐ろしいですよね。

無施錠の中、ハッカーという泥棒が自宅に立ち寄ったら・・・?

家(パソコン)の中に簡単に侵入して、貴重品(NFTや仮想通貨など)を盗まれますよね。

REVOKE(リボーク)は、自宅の鍵を閉める作業。

在宅(パソコン)中なら、侵入に気付けます。

では、実際に鍵を閉めるREVOKE(リボーク)の処理方法をお伝えします。

【REVOKE(リボーク)手順:Step1】Etherscanへアクセスする

Etherscan(イーサスキャン)からREVOKE(リボーク)の手順解説です。

Etherscan(イーサスキャン)を開きます。開き方はサイトにアクセスでも

MetaMask(メタマスク)からでも開けます。

メタマスクの縦3本線をクリックします。

メタマスク

アカウントをEtherscanで表示をクリックします。

MetaMask

自分のアドレスのEtherscan(イーサスキャン)が開けると思います。

Etherscan(イーサスキャン)

【REVOKE(リボーク)手順:Step2】アプルーブ画面を開いてメタマスクを接続する

次に、アプルーブ画面に移動します。

画面右にある「More」をクリックします。

Etherscan(イーサスキャン)

「Token Approvals」と表示されている箇所をクリックします。

Etherscan(イーサスキャン)

「Rwvokw Token Approvals」と表示されている画面中央下にある

「Connect to Web3」でウォレット接続を行います。

Etherscan(イーサスキャン)

開発中のベータ版だから責任取れないけどいいの?と聞かれます。

「OK」で進みましょう。

Etherscan(イーサスキャン)

利用しているウォレットを接続します。

ミタマ

わたしはMetaMaskなのでMetaMaskを選択しました

ウォレット選択

ウォレット接続が完了したら、緑色のチェックで「Connected」と表示されます。

Etherscan(イーサスキャン)

【REVOKE(リボーク)手順:Step3】リボークするトークンを見つける

トークンの種類ごとに表記が分かれています。

ERC-20 :暗号資産

ERC-721 :NFT

ERC-1155:NFT

ミタマ

ここではNFTをリボークしていきます

ERC-721をクリックして、リボークしたいNFTを探しましょう。

Etherscan(イーサスキャン)

ずらっと表示されました。

Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)

今回は「CryptoNinjaPartners」をリボークします。

Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)

【REVOKE(リボーク)手順:Step4】リボークする

リボークするトークンの「Revoke」をクリックします。

Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)

次の画面が表示されるので「Revoke」を押しましょう。

Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)

取り消しにもガス代が発生します。

見積もり金額が問題なければ「確認」を押しましょう。

ガス代見積り

画面が切り替わります。

ミタマ

トランザクション待ちは1分かからなかったです

「View your transaction」で結果を確認しましょう。

Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)

「Status」欄が、「Pending」となっていればまだ処理中ですので少し待ちましょう。

「Success」となっていれば無事リボーク完了です。

Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)

REVOKE(リボーク)する際の注意点

REVOKEでのエラーも確認されています。

リボークしたのに、販売されてしまったというバグです。

原因は、OpenSeaにリストしていたまま、REVOKEしたこと。

OpenSeaでリストしているNFTは、

OpenSeaでのリストを取り消してからリボークするのを心がけてください!

ミタマ

REVOKEがベータ版なのでこうしたバグも修正されていくでしょう

ホーム » Web3関連 » Etherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)する方法
a

-Web3関連
-,