NFT

OpenSeaで購入した商品を出品する方法をまとめました

購入したNFTを売りたいけど、どうしたらいいのかわからない!

翻訳機能入れてもちょっと誤訳もあって難しいところもあり

OpenSeaの操作は慣れないと難しいですよね。

ここではOpenSeaで購入したコレクションから、出品(二次流通)する方法をまとめています。

OpenSeaで自分のコレクションを開こう

最初にOpenSeaのサイトに飛びましょう

サイトにアクセス後、右上にある自分のアイコンにカーソルを移動します

(メタマスクと接続しておきましょう)

カーソルを運ぶと、ずらっと自動展開されます

展開された最上段に、Profileがあるのでそれを選択します

Profile欄から、出品したい画像の詳細へ行こう

Profile欄から、【Collected】を押すと、手持ちのコレクション一覧が表示されます。

その中から今回売りたい画像を選択します。

今回は下の画像を売りに出します。右上にある【Sell】という青いボタンを押します。

アップした画像です。右上にあります【Sell】を押します

販売条件を決めよう

OpenSeaの【Sell】では、さまざまな売り方が用意されています。

今回は最もポピュラーな定期リストを行います。

上から順番に、【Fixed Price】と、【Timed Auction】があります。
デフォルトはFixed Priceになっていますので、そのままでOKです。
中断のPriceですが、デフォルトは購入時のチェーンになっています。
ここはETHなのでそのまま出品します。
右のAmount欄には実際に売りたい金額(ここではETH)を入力します。
Durationは販売期間です。デフォルトでは1ヶ月となっています。
特別問題なければそのままでも問題ありません。
Feesには、それぞれこの商品の二次流通時の手数料が表示されています。
この作品ですと、Service Fee(OpenSea手数料)が2.5%、Creator Fee(作者/運営)への手数料10%が販売時に引かれます。

売り出し金額を決めよう

売り出し金額が、フロア(最安値)価格を下回っているとこのような表記が出てきます。

もちろん、売り出し金額は自由なので、下回る金額をあえてつけても問題ありません。

ミタマ

販売金額を今回はフロア価格を上回る金額に設定しました

【Complete listing】を押すと、メタマスクが開きます

出品時に発生するガス代が計算されます。問題なければ右下の【確認】を押します

画面左側の【Approve collection】は、許可しますという意味です。

リストしたNFTを、OpenSeaが自分のコレクションから勝手に取り出して購入者に渡しますよーという送付許可をおこなっています。

メタマスクの署名の許可を行います。

右下の方にある下向き矢印を押し、署名を押します

出品完了すると、下記のような画像が表示されます。お疲れ様でした!

ホーム » NFT » OpenSeaで購入した商品を出品する方法をまとめました
a

-NFT
-