リサイクル

リサイクルショップで不用品を売るメリット3選

リサイクルショップってモノが安く手に入るだけでなく

てもちの不要となったモノを売ることもできる便利な場所ですよね。

そんな便利なリサイクルショップで、モノを売るメリットをまとめてみました。

リサイクルショップで不用品を売るメリット

  1. 即金・即引き渡しが完了する

  2. 交渉をする必要が少ない

  3. まとめて整理ができる

それぞれ解説していきます。

 

即金・即引き渡しが完了する

実際の査定の流れですが、

 

リサイクルショップへ不用品を持っていき、査定に出す

 

査定時間をつぶす

 

査定完了後、結果を確認する

 

納得いけば、買取台帳に記入して金額を受け取って終了。

 

不服なら、キャンセルして品物を戻してもらって終了となります。

 

ここでかかる査定時間ですが、

 

不用品の中身と、不用品を出したタイミングで大きく変化します。

 

例えば、IK○Aで購入したイス1脚のみを査定に出すのか

 

ハーマンミラーという高額なブランドのイス1脚を査定に出すのかでも

 

査定時間は大きくかわります。

 

更に査定受付時にすでに他の案件があれば、それだけ待ち時間がかかります。

 

もちろん査定に出している間は、ずっと店内で待っていなくてはならない

 

なんてことはありませんので外出してもOKです!

 

大手チェーン店であれば、電話で知らせてくれたり、専用アプリにて査定状況の通知や

 

確認が取れるところもありますので安心して外出して問題ありません

 

ただ、査定に出したその日のうちに、売却するのか、査定をやめて回収するのかは

 

必ず行わないといけませんので、営業時間内に店舗に戻る必要はあります。

 

あなた自身の持ち物ですから、不要なったモノはいえ、

 

売却をしていないうちは、当然ですが所有権はあなた自身にあります。

 

営業時間内に戻れないような

 

遠方までの外出は控えましょう。

 

交渉する必要がない

先に語弊のないようにお伝えしますが、全くゼロということではありません。

 

査定結果に対して、もう少し金額を上げられないか?であったり

 

コレは売ってこっちはキャンセルして戻してもらうとか

 

そういったやりとりは必要になる場面もあります。

 

しかし、フリマアプリなどの個人売買ではそうは簡単に済みません。

 

もう少し安くならないか?といった交渉はほぼ必ずありますし

 

販売後や購入後のやりとりを心配する必要もありません。

 

せっかく売却できたとしても、表記になかった汚れがあったから値下げしてほしいとか

 

返金してほしいといったトラブルなどの心配も原則ありません。

 

個人間で売買を行うのか、企業に売買するのか、の大きな違いとなるところですね。

 

まとめて整理ができる

個人売買でもできないこともありませんが、関連性のあるアイテム同士でないと

 

まとめて売却は難しいかと思います。

 

例えば、同じメーカーの古着同士であったり、カメラとレンズといった具合です。

 

古着とスマホの組み合わせや、ブランド品と古着、電子レンジといったような

 

フリマアプリなどの個人売買だと個別に対応しなくてはならないアイテムであっても

 

アイテムやジャンルが全く違うモノでもまとめて売ることができるのが

 

リサイクルショップにまとめて売ることができるメリットだと思います。

 

非常に利便性が高いですよね。

 

リサイクルショップで売却するメリットまとめ

 

その日その場で不要なモノを即金化できる

 

売却前後での不要な駆け引きや交渉がほとんど発生しないこと

 

ジャンル問わずにまとめて売却で楽チン

ホーム » リサイクル » リサイクルショップで不用品を売るメリット3選
a

-リサイクル
-