Web3関連

スマホ1つでEtherscan(イーサスキャン)からリボークする方法

PCからEtherscan(イーサスキャン)でREVOKE(リボーク)する方法は

別記事に記載していますので是非そちらをチェックしてみてください。

関連記事

スマホでイーサスキャンを使ってリボークしてみたいと思います。

必要なものはスマホ版メタマスクアプリです。

この記事でわかること

  • REVOKEを行う際の注意点
  • スマホからEtherscanで行うREVOKE(リボーク)の手順

REVOKE(リボーク)する際の注意点

REVOKEとOpenSeaでのエラーも確認されています。

リボークしたのに、販売されてしまったというバグです。

原因は、OpenSeaにリストしていたまま、リボークしたこと。

OpenSeaでリストしているNFTは、

OpenSeaでのリストを取り消してからリボークするのを徹底してください!

ミタマ

リボークしていても売れてしまったというバグを回避しよう!

【スマホでNFTをリボーク:Step1】スマホのメタマスクを起動しよう

スマホのMetaMask(メタマスク)を起動します。

左上の横棒三本線をタップし、メニューを起動します。

スマホメタマスク

メニューから、「Etherscanで表示」をタップします

スマホメタマスク

Etherscanが開くので、URLをコピーします。

※機種によって操作方法が異なる可能性があります。

ミタマ

iphoneの操作で説明します

スマホのイーサスキャン

URLをコピーしましょう。

転送

コピーしたら、再度スマホメタマスクのメニューに戻り

今度はブラウザを起動します。

スマホメタマスク

メタマスクのブラウザが立ち上がりましたので

ここに先ほどコピーしたURLを貼り付けてください。

スマホメタマスク

入力欄に貼り付けましょう。

スマホメタマスクにコピペ

貼り付けました!

スマホメタマスクにコピペ

メタマスクのブラウザで自分のアドレスのイーサスキャンがひらけました。

スマホメタマスクでイーサスキャン

【スマホでNFTをリボーク:Step2】アプルーブ画面を開いてメタマスクを接続する

画面中央やや下あたりに「More Info」の欄があります。

右端の「More」をタップします。

スマホメタマスクでイーサスキャン

ポップアップが表示されるので、「Token Approvals」をタップします。

スマホメタマスクでイーサスキャン

次に、ウォレット接続をイーサスキャンと行います。

スマホメタマスクでイーサスキャン

「beta版で責任取れないよ!へーき?」と聞かれます。

スマホメタマスクでイーサスキャン

ウォレットを選択しましょう。

スマホメタマスクでイーサスキャン

【Connected】と表示になり、緑色のレ点が入れば接続完了です。

スマホメタマスクでイーサスキャン

【スマホでNFTをリボーク:Step3】トークンを見つけてリボークしよう

PC版と同じく、リボークするトークンを選択しましょう。

ERC-20 :暗号資産

ERC-721 :NFT

ERC-1155:NFT

ミタマ

大体のNFTがERC-721の規格です

ERC-721をタップします。

スマホメタマスクでイーサスキャンからリボーク

REVOKE(リボーク)したいトークンを見つけました。

スマホメタマスクでEtherscanからリボーク

画面を右にスクロールすると、【Revoke】のボタンがありますのでタップします。

スマホメタマスクでイーサスキャンからREVOKE

画面が変わります。再度「Revoke」をタップします。

スマホMetaMaskでイーサスキャンからリボーク

ガス代見積りが表示されます。

ガス代に問題なければ「確認」をタップしましょう。

スマホMetaMaskでEtherscanからリボーク

画面が切り替わります。「View your transaction」で確認できます。

スマホMetaMaskでEtherscanからREVOKE

切り替わった画面の「Status」に「Success」と

表示されていれば無事にリボーク完了です。

ミタマ

「Pending」となっていればまだ処理中なので少し待ちましょう

スマホメタマスクでイーサスキャンからREVOKE完了
ホーム » Web3関連 » スマホ1つでEtherscan(イーサスキャン)からリボークする方法
a

-Web3関連
-,