blog

99.5%の人が知らない国で認められている退職後に受け取れる制度とは

長年勤めていた会社を退職すると、最も心配なのがお金まわり。

退職後に失業保険の待機期間が3ヶ月。その後に受け取れる失業保険の受給期間が3ヶ月

人手不足の世の中とはいえ、転職活動は希望通りにいくことがなかなか難しいと思います。

わたしも年齢的なものや、会社人間として頑張ってきた反動で転職活動とすぐに動けないメンタルまで落ちてしまいました。

そんなタイミングで今回こちらの社会保険給付金サポート【退職コンシェルジュ】に巡り合うことができました。

今回このサポートを受けて、非常に大きなメリットを感じていますが知らない方が多いので是非参考になればと思い記事にしています。

メガネくん

退職する前に本当に知ってほしいサービスです

先に退職後に受け取れる制度とは、社会保険給付金です。

国が認めている制度で、かつ受給条件の対象であるにも関わらず、99.5%の人が知らずに退職と転職をしているという事実。

かくいう私も全然知らなかったサービスでそのままだと大きな損をしていたところでした。

一体なぜこれほどまでに知られていないのか?それは申請の難しさと煩わしさによると思います。

問題なく申請を通すためには社会労務士並みの知識がどうしても必要なレベルだそうです。

申請も会社と保険組合と医療機関と3方向に合わせて必要ですが、やったこともない人がそれらを全てつつがなくできるわけありませんし、必要なものが何なのかすら知らないですよね。

そのため、会社に勤めていたほとんどの人が受給対象でありながら申請方法すら知らずにスルーしているという事実

退職コンシェルジュのサービスを受ける前に実際にもらえる給付金の計算も無料でしてくれます。少しでも参考になれば幸いです。

退職コンシェルジュってどんなサービス?

まず、「社会保険給付金サポート【退職コンシェルジュ】」が提供するサービスを簡単に説明します。

  1. 社会保険給付金サポート
  2. 退職代行サポート
  3. 障害年金代行サポート
  4. 確定申告代理リサポート
  5. スピード引っ越しサービス

今回おすすめしているサポートは、1の「社会保険給付金サポート」です。

会社に勤めている間、社会保険料は毎月お給料から天引きされてされて納めていたかと思います。

社会保険給付金は社会保険料等を納めてきた方であれば利用ができ、退職後の働いていない期間の給付を受け取れる制度です。

退職コンシェルジュのサポートを受けるメリット

退職コンシェルジュを利用するメリットは

  1. 申請に必要なサポートを受けられる
  2. 社会保険給付金がいくらもらえるのかがわかる
  3. 返金保証がついているのでほぼノーリスクで受けられる

申請に必要なサポートを受けられる

この退職コンシェルジュを使ったサポートを受けるメリットは、社会保険給付金に申請に必要なサポートのほぼ大多数を引き受けてくれること。

いつまでにどういった手順を踏まなくてはならないか?

どういった書類が必要で、どこに送付しなくてはならないのか?

など事細かな個人の状況に合わせたサポートを随時行なってくれます。

例えば、○日までにこの手続きが必要です。○○を用意しておいてください。とか

この書類はこう記入をしていつまでにここ宛てに送付してください

といった事細かく連絡やToDoリストを送ってくれます

それに基づいて行動を基本的にはするだけなので、あれこれと考えたり調べたりといったこともなければ

申請がもれて給付がストップするといった心配もありません

わたしはそもそもこのサポートが無ければ、どうやって申請したらいいかも分かりませんでした。

もちろんタダではないのですが、それ以上の社会保険給付金は受け取ることができますのでご安心ください。

社会保険給付金がいくらもらえるかがわかる

実際にサポートを受ける前に、zoomにて2回ほど面談を行います。ここで事前に不安を解消できるのが救いです。

メガネくん

申請に関しての不安をzoom面談で解消しておきましょう

その際に明確に受け取れる給付金がいくらなのか?が明確になります。

月額いくらなのか、給付期間はどれくらいか、そして給付期間全て受領した場合の総額はいくらかが判別します。

総支給額を見てからでも、サポートを受ける/受けないのジャッジはもちろん可能です。

返金保証がついているのでほぼノーリスクで受けられる

退職コンシェルジュのサポートはすぐにスタートすることも可能ですが、もっとも怖いのがサポートを受けて社会保険料給付金がもらえなかったケース。

退職コンシェルジュでは、万が一申請がおりずに給付金を受け取れなかった場合には全額返金をうたっていますのでほぼノーリスクでサポートを受けることができます。

実際、サポートを受けることで給付金は97%受領できているそうです。

サポートを受けずに自分で行うと給付金をもらえないリスクの方が遥かに高いので気をつけてください。

退職コンシェルジュを利用せずに自分で申請する場合

もちろん、自分で社会保険給付金を会社や保険組合に申請して受け取ることも可能です。

しかし申請に際しての細かな条件や申請方法は、非常に複雑で分かりづらく不可能に近いと言われています。

それら申請のために時間を消耗してしまい、次への準備が進まない可能性が高いと思われます。

また、申請漏れがあった場合には給付金はもらえませんし、その場でストップします。

そうした不幸にならないようにも、手厚いサポートを受けていただいた方がいいと思います。

退職コンシェルジュのサポートを受けることでのデメリット

退職コンシェルジュのサポート受けることでのデメリットは4つ挙げられます。

  1. サポートを受ける費用が発生する
  2. 給付金を受給中は原則就業ができない
  3. 就職までの空白期間が長くなる
  4. 申請自体は自分で行う必要がある

サポートを受ける費用が発生する

サポートも無料ではありません。そして実際サポートを受けると思っていた以上の細かな点までサポートしてくれます。

書類の申請方法、期日、ToDoリスト作成に相談まで随時対応してくれます。

そして支払う以上の大きな恩恵(社会保険給付金)があるうえ、万が一申請が通らなかった場合の返金保証もありますので安心してください。

給付金を受給中は原則就業ができない

社会保険給付金の制度上、受給期間は就業が原則禁止されています。

面談時に月いくら支給されるのかがわかるかと思いますので、その金額内でやりくりをしていく必要が出てきます。

ちょっと心もとないなと感じる場面もあるかと思います。突発的な支払いもあるかもしれません。万が一に備える上でもある程度自由に使える貯金は必要です。

就業までの空白期間が長くなる

社会保険給付金は最大28ヶ月受給が可能です。そして給付後は失業保険を受けることも可能です。組み合わせると最大31ヶ月です。

その期間中は就業が原則禁止されていますので、当然転職する際の空白期間が長くなります

そして転職の場合は一般的には空白期間が短い方が有利とされています。もちろん正当な理由(介護や資格の勉強など)があって転職期間が空いてしまうケースもありますのでそれほど神経質にならなくても問題はないかと思います。

申請自体は自分で行う必要がある

あくまで退職コンシェルジュで受けられるのは「サポート」です。

そのために最終的には自分で申請を行わなくてはなりません。が申請といってもサポートを受けていれば難しくありません。

サッカーで言えば、無人ゴールにシュートを打つような感じです。

申請書を期日内に会社宛てに送付するとか保険組合に申請書を提出するとかそんなレベルばかり。

申請書の書き方や注意事項は、そのつど退職コンシェルジュサービスで教えてくれますので問題ありません。

退職コンシェルジュサービスを受けるために

退職をしてからでは受けられないのが社会補償給付金です。

在籍中での手続きがいくつか発生するため、少なくとも退職日の2週間以上前までに退職コンシェルジュとのやりとりをしていないと難しそうです。

メガネくん

実際コンシェルジュの方も退職日の2週間前までに連絡をくださいといっています

これから退職を考えている身であれば、不安なところや疑問点もあるかと思いますのでまずは無料相談から受けてみてください。

流れとしては

  1. 無料説明会(zoom1回目・概要説明と社会保険給付金対象となるかどうかの判断)
  2. 無料面談(zoom2回目・社会保険給付金が何ヶ月もらえるか、満額だといくらもらえるのかの判定とサポート受ける際の金額)
  3. サポートの申し込みでサポート開始の流れ

となるので、いきなりサポートを申し込むかどうか?といった流れにならないのでご安心ください。

まとめ

退職コンシェルジュのサービスを受けることで、受給対象者のうち99.5%が申請すらしていない、社会保険給付金を受け取れます

この社会保障給付金を受け取りながら、精神と身体をしっかりとリフレッシュすることもできますし、勉強に集中してステップアップに励むこともできます。

まだまだ認知がされていないのですが、退職を考えている場合は一度無料説明会や無料面談を受けてみてください。

下のサポートから申し込むと、退職コンシェルジュからあなたが5万円のキャッシュバックをもらえます。

社会保険給付金サポート【退職コンシェルジュ】

ホーム » blog » 99.5%の人が知らない国で認められている退職後に受け取れる制度とは
a

-blog