プラットフォーム

国内外18箇所のNFT販売サイトを比較!NFTはじめるならどこ?

※アフィリエイト広告を利用しています

現時点でのNFT販売サイトを国内外合わせて18ヶ所集めました。

売る(販売/転売)、買う(購入)、発行(出品)や、手数料、の違いをまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

自己紹介

NFTプラットフォーム比較一覧表

国内と海外のNFT販売サイト・マーケットプレイスの比較一覧表です。

キャンペーンや仕様変更・アップデートなどがあり変更になっている可能性もあります。

名称販売コンテンツ決済可能な仮想通貨手数料
Adam by GMOデジタルアートイーサリアム販売手数料:5%
クレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
Coincheck NFT
ゲームアセット
トレーディングカード
イーサリアム
ビットコイン
リスク
リップル
ネム
など10種類以上
販売手数料:10%
出庫手数料:0.01〜0.16ETH
楽天NFTデジタルアート
漫画
アニメ
スポーツ
アイドル
クレジットカード
(日本円決済)
イーサ
(パック購入時のみ)
出品手数料:14%
日本円出金手数料
楽天銀行
10,000円以上の場合無料。
9,999円以下の場合100円
・楽天銀行以外
金額問わず210円
LINE NFTアニメ
キャラクター
ゲーム
スポーツ
エンターテイメント
FNSA(フィンシア)
LINE Pay(事前入金必須)
ガス代無料
HEXAデジタルアート
フォトグラフ
日本円販売手数料:20%
NFT Studioデジタルアート
デジタルブロマイド
クレジットカード
(日本円決済)
NFT発行:無料
販売手数料:10%
運営手数料:20%
ユニマデジタルアート
デジタルトレカ
動画
クレジットカード
(日本円決済)
不要
SBI NFTデジタルアート
音楽・動画
クレジットカード
(日本円)
イーサ・ポリゴン
販売手数料:10%
HABETデジタルトレカクレジットカード
(日本円)
運営手数料:20%
ロイヤリティ:5%
振込手数料:250円
国内NFTプラットフォーム
名称販売コンテンツ決済可能な仮想通貨手数料
OpenSeaデジタルアート
ゲーム
トレーディングカード
音楽
プロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
イーサリアム
Polygon(ポリゴン)
Klaytn(クレイトン)
販売手数料:2.5%
Blurデジタルアートイーサリアム販売手数料:0.5%
Raribleゲームアセット
デジタルアート
デジタルミュージック
フォトグラフ
イーサリアム販売手数料:1%
購入手数料:1%
SuperRareデジタルアートイーサリアム販売手数料:3.0%
ギャラリー手数料:15%
X2Y2デジタルミュージック
デジタルアート
ゲームアセット
イーサリアム販売手数料:5%
Foundationデジタルアート
フォトグラフ
イーサリアム販売手数料:一時流通15%
二次流通時5%
LooksRareデジタルアートイーサリアム
LOOKS
販売手数料:無料
Magic Edenデジタルアート
ゲーム
ビットコイン
イーサリアム
ソラーナ
販売手数料:2%
TofuNFTデジタルアートイーサリアム
BNB
ポリゴンなど
販売手数料:5%
ロイヤリティ:運営者設定
海外NFTプラットフォーム
ミタマ

記事の後半でそれぞれの販売所について細かく解説しています

NFT取引におすすめの国内取引所

コインチェック(初心者に最もおすすめ)
公式リンク:https://coincheck.com/ja
ちょっとだけ割高な取引手数料ですが、その分コインチェックはサポート体制が充実

初心者に優しいので初めての方・仮想通貨取引に不安な方におすすめです。

\4年連続No.1/

Coincheck

\無料口座開設/

詳細を見てみる

NFT販売サイトの役割と特徴

マーケットプレイスとはNFT技術により所有価値が証明されたアートや音楽などのデジタルデータ・作品などを仲介する場所。

利用者を集めて出品・販売・購入・流通を仲介し、手数料収入などを得ているのがNFT販売サイト(マーケットプレイス)です。

マーケットプレイス(販売サイト)によって、扱うNFTの種類や手数料、特徴がそれぞれ異なります。

NFT?ブロックチェーンとは?

切っても切り離せないのがNFTとブロックチェーンの話。

要約すると以下の3つの特徴があります。

  • NFTによって「本物・オリジナルの1点もの」という証明書がデジタルデータについた
  • 替えのないNFTの価値は欲しい人たちによって決められる
  • ブロックチェーン技術により改ざんがされないデータをみんなで保有し合える

こちらの記事で知識ゼロから学べるようにNFTやブロックチェーンについて丁寧に解説していますので参考にしてみてください。

合わせて読む

NFT最大の特徴・ロイヤリティとは

NFTには最初の販売となる一次販売だけでなく、転売(二次流通)発生時にも売上が得られるメリットがあります。

NFT作品には、転売発生時にクリエイターへのロイヤリティが組み込まれています。

《わかりやすく日本円、ロイヤリティ10%設定で想定》
NFTアートが2,000円で転売が成立すると、200円がクリエイターの元に入ってきます。

このロイヤリティは、1回だけでなく二次販売(転売)時が発生するたびにクリエイターの元に入ってくる仕組み。

ロイヤリティの仕組み

したがってNFTが高額になったり多く転売されることでクリエイター収益も増大していきます。

NFT販売においては作品が転売される度に売上増加につながるため、継続的な作品作りに取り組めるメリットがあります。

NFTの現実と将来性

現在流通しているNFTは、以下のものがあります。

  • デジタルアート
  • イラスト
  • 音楽
  • 写真
  • コミュニティ会員権
  • デジタルトレカ
  • サービス利用権
  • ゲームキャラクターやアイテム
  • メタバース(仮想現実)の土地

偽造できないNFT技術を用いることで、不正防止が期待できます。

これから以下のものにもNFT技術が使われていくことが期待されています。

  • 免許証
  • 保険証
  • パスポート
  • 卒業証書
  • 各種資格証
  • 社員証
  • デジタル住民票
  • 各種履修証明書
  • 登記簿

卒業証書デジタル住民票はすでに実例がありますよ。

NFTプラットフォームでできること

NFT販売ができるプラットフォームでは、以下のことが可能です。

NFT販売サイトでできること

  • デジタルデータをNFT化する(発行/ミント)
  • NFT化した作品を販売する
  • 作品を購入する
  • 購入したNFT作品を二次流通(転売)する
  • NFTを特定のウォレットに移動させる

一部機能については、NFT販売サイトによってできない・または制限されている場合もあります。

また独自NFTを発行したり、出品できないマーケットプレイスもあります。

取引は日本円や米ドルなどの法定通貨が使える場合や、クレジット決済が可能なNFTプラットフォームもあります。

基本的には仮想通貨が必要となります。

NFTプラットフォームの選び方

国内外にあるNFTマーケットプレイスから、NFT販売サイトの選び方を5つ紹介します。

自分の取引に合うNFT販売サイトはどこか?見つける時の参考にしてみてください。

販売しているNFTの種類や取引量が豊富か

取扱量・在庫量

取り扱っているNFTの種類や取引量を、判断材料とする方法があります。

NFT販売サイトによっては取り扱いがないジャンルもあります。

また取引量が少ない販売サイトは、ユーザー数も少なく販売に繋がりにくい可能性も。

どの販売サイトを選ぶか?は、実店舗でいう立地選択

どんなジャンルのNFTを販売したいのかと、NFT販売サイトがマッチしているか?判断していきましょう。

どこで種類や取引量を調べる?

結論を言うと、DappRaderという海外マーケットプレイスであれば調べられます。

取り扱うNFTの種類やユーザー数・取引量によってランキング化されています。

例えば、All rankingからイーサリアムチェーン・マーケットプレイスで絞り込むと取引量が多い順に表示されます。

NFT出品する際のマーケットプレイス選択に活用してみてください。

販売サイトの手数料をチェックする

手数料

NFT売買において、販売サイトによって徴収される手数料はバラバラ

販売サイトの手数料が高ければ、その分手元に入ってくる販売額は少なくなります。

ミタマ

どうせなら、少しでも手数料は安いサイトの方がいいですよね

キャンペーンで通常と手数料が異なる場合もあるので、その点も考慮しながらメインのNFT販売サイトを決めていきましょう。

使いやすいマーケットプレイスか

仮想通貨も含めNFT売買は、一度行うと取り消し処理は不可能

そのため、ちょっとした操作ミスが大きなトラブルになってしまう可能性もゼロではありません。

わかりにくい表現や設計の販売サイトは、不慣れなうちは避けた方が無難。

また日本語対応している海外のNFT販売サイトもあります。

英語表記に抵抗ある場合は、翻訳機能を介さずに使えるサイト設計は嬉しいですね。

販売サイトの運営が信頼できるか

日本国内のNFT販売プラットフォームも含め、海外販売サイトはどんな企業が運営を担っているか、気になるところ。

特に海外サイトはトラブル発生時の対応に大きな差があります。

返信は迅速に返ってくるかなど?でもサイト運営者の信頼性が変わってきます。

実際にトラブルが発生してからではなく、事前に問い合わせ先までスムーズにたどり着けるかチェックしておきましょう。

ミタマ

トラブル発生してから探すのでは、間に合いません

チェーンの違い(パブリックチェーン・プライベートチェーン)

NFTでは、使われている「チェーン」は大きく分けてプライベートチェーンとパブリックチェーンの2種類あります。

簡単に解説すると、プライベートチェーンは、イチ企業サービス。

企業サービスに左右されるため、急なサービス終了で使えなくなる・無価値になる可能性が常にあります。

対してパブリックチェーンはみんなで動かしているもの。

プラットフォーム1つがサービス終了しても、NFT自体は別の取引所で自由に売買できます。

日本国内のNFTプラットフォームは一部互換性あるものもありますがほぼプライベートチェーン

海外のNFTマーケットプレイスは、すべてパブリックチェーンです。

どっちのチェーンがいいの?

結論を言うと、海外のNFTマーケットプレイスが使っているパブリックチェーンです。

NFTのメリットが最大限活かせるのはパブリックチェーンだから。

  • 二次流通のロイヤリティ収益が見込める
  • 時間や場所、決済方法などの障害がない
  • 世界中の人に作品を提供できる

もちろんデメリットもあります。

  • 仮想通貨・英語対応など準備が必須
  • 売り上げの税金計算が複雑
  • ハッキングやスキャムリスクがあるので一定水準のリテラシーが必要

無料でできるのでまず試しにやってみるのがおすすめ。

こちらの記事にオリジナルデータを独自NFTとして無料出品する方法をまとめていますので参考にしてみてください。

合わせて読む

日本発のNFT販売プラットフォーム

ここでは日本初のNFTマーケットプレイスを紹介いたします。

日本発なので日本語でOK、かつ日本円で取引できるのが特徴です。

それぞれ解説していきますね。

GMOグループが運営するNFT販売サイト。

特徴は大きく3点。

  • 会員登録で使えウォレット不要
  • 日本円支払い・ETH決済可能
  • ロイヤリティ設定可能

会員登録のみですぐに日本円で使えるので、素早く取引開始まで辿り着けますね。

販売サイト名Adam by GMO
販売コンテンツデジタルアート
オリジナルNFT発行・出品承認クリエイターか提携事業者のみ可
手数料二次流通販売手数料:5%
二次流通販売時のクレジットカード決済手数料:3%
振込手数料:300円(日本円取引)
ロイヤリティ:運営者設定分
決済手段クレジットカード(日本円)・銀行振込・イーサ
対応ウォレットMetaMask
対応ネットワークイーサリアム

仮想通貨取引所:コインチェックが運営する国内初のNFTマーケットプレイスです。

コインチェックNFTの特徴は3点。

  • 口座開設していれば使える
  • 10種類以上の仮想通貨決済が可能
  • ガス代不要

オリジナルのデジタルアート作品をNFT化して出品販売はできず、サイト内のNFTのみが取引対象です。

販売サイト名Coincheck NFT
販売コンテンツゲーム
トレーディングカード
オリジナルNFT発行・出品不可
手数料販売手数料:10%
出庫手数料:0.01〜0.16ETH
決済手段イーサリアム
ビットコイン
リスク
リップル
ネム など10種類以上
対応ウォレットMetaMask
対応ネットワークイーサリアム・ポリゴン

2022年2月25日、楽天が新サービスとして「楽天NFT」のリリース。

楽天NFTの特徴は以下の3点。

  • 仮想通貨ではなくクレジットカード(日本円)でNFTを購入できる
  • 楽天IDを利用して購入できるのでメタマスクも不要
  • 数々のブランド・IPとのコラボNFTを出品している

また、購入額1%の楽天ポイントが貯まるので、溜めたポイントを1ポイント1円として利用することで値引き購入可能です。

販売サイト名楽天NFT
販売コンテンツデジタルアート
漫画
アニメ
アイドル
スポーツ
オリジナルNFT発行・出品提携事業者のみ可
手数料出品手数料:14%
決済手段クレジットカード(日本円)ETH(パック購入時のみ)
対応ウォレット楽天Wallet
対応ネットワーク楽天 Blockchain(プライベートチェーン)

メッセージアプリLINEが手掛けるプライベートチェーンのNFT販売サイトです。

LINE NFTの特徴3点。

  • LINE PAY経由で日本円支払いができる
  • ガス代不要
  • LINEアカウントからNFT取引までの導線が秀逸

現在はプライベートチェーンですがパブリックチェーン展開を進めていると発表があったので、今注目のNFT販売所です。

販売サイト名LINE NFT
販売コンテンツデジタルアート
アニメ
ゲーム
スポーツ
エンターテイメント
オリジナルNFT発行・出品承認クリエイターか提携事業者のみ可
手数料二次流通時、LINE Payなら10%、仮想通貨FNSAなら5%
決済手段LINE Pay・FINSCHIA
対応ウォレットLINE BITMAX Wallet(DOSI Wallet)
対応ネットワークLINE Blockchain(プライベートチェーン)

HEXAは、日本円だけでNFTの発行や売買ができる日本初のNFT販売サイト

HEXAの特徴は以下の3点。

  • ウォレット・仮想通貨・ガス代不要
  • クレジットカード決済可能
  • NFT発行可能

PolygonチェーンでNFT出品も可能です。

販売サイト名HEXA
販売コンテンツデジタルアート・イラスト・ツイートなど
オリジナルNFT発行・出品SNSアカウント認証必須で出品可能
手数料販売手数料:20%
決済手段クレジットカード(日本円)
対応ウォレットメタマスク・SafePal・imToken
対応ネットワークイーサリアム・ポリゴン

株式会社Crypto Gamesが運営するNFT販売サイト。

  • SNSログイン可能
  • クレジットカード決済可能
  • 二次流通・ロイヤリティ収益も

NFT発行もできるので、日本運営会社でのNFT発行をしたい方は注目の販売サイトでしょう。

販売サイト名NFT Studio
販売コンテンツデジタルアート・デジタルブロマイド
オリジナルNFT発行・出品可能:無料(著作権審査制)
手数料販売手数料:10% 運営手数料:20%
決済手段クレジットカード
対応ウォレットメタマスク
対応ネットワークポリゴン

株式会社ビットファクトリーが運営するNFT販売サイト。

  • ウォレット不要
  • Googleアカウントで使える
  • 日本円決済可能

二次流通は現在のところ不可となっていますが、Polygon規格のものであればOpenSeaにリストできます。

販売サイト名ユニマ
販売コンテンツデジタルアート・デジタルブロマイド
オリジナルNFT発行・出品不可
手数料不要
決済手段クレジットカード
対応ウォレットGoogle アカウント
対応ネットワークイーサリアム・ポリゴン

パブリックチェーンによるNFTの発行・販売・二次流通機能を備えた国内最大級のNFT販売サイト。

  • 仮想通貨のETHやPolygon、クレジットカード(日本円)決済が可能
  • 英語と日本語に加え、中国語と韓国語にも対応
  • 二次流通やロイヤリティ収益も入る

NFT出品は承認クリエイターか提携事業者のみとなっています。

販売サイト名SBI NFT
販売コンテンツデジタルアート・音楽・動画
オリジナルNFT発行・出品承認クリエイターか提携事業者のみ可
手数料販売手数料:10%
決済手段クレジットカード(日本円)・イーサ・ポリゴン
対応ウォレットMetaMask・Torus Wallet・Coinbase Wallet
対応ネットワークイーサリアム・ポリゴン

有名YouTuberが所属している、UUUM株式会社のグループ会社NUNW株式会社が運営しているNFT販売サイトです。

  • ガス代不要
  • クレジットカード決済可能
  • クリエイター権限取得でNFT出品可能

NFTを音声や画像、URL付きのデータを添付したデジタルトレーディングカードと位置付けて取り扱っています。

販売サイト名HABET
販売コンテンツデジタルトレカ
オリジナルNFT発行・出品クリエイター権限必須
手数料運営手数料:20% ロイヤリティ:5% 振込手数料:250円
決済手段クレジットカード(日本円)
対応ウォレット不要
対応ネットワークプライベートチェーン

仮想通貨が必要な海外NFTマーケットプレイス

続いて、海外のNFT販売プラットフォームを見ていきましょう。

紹介するサイト以外にも、多くのNFT販売プラットフォームがあります。

今回は代表的なNFT販売サイトを見ていきましょう。

世界初のNFTプラットフォームとして誕生したのがOpenSeaです。

OpenSeaの特徴は4点。

  • 世界最大規模のNFT取扱量
  • 様々なジャンルのNFT取り扱い
  • 日本語対応
  • NFTの作成・発行が無料

NFTの作成・発行・販売・二次流通(転売)が全て可能で、NFT作成・発行は無料。

幅広いジャンルが売買されていて、日本人クリエイターや日本のNFTプロジェクトも多く参加している販売サイトです。

販売サイト名OpenSea
販売コンテンツデジタルアート・音楽・動画・コミュニティー会員権・ドメインアドレスなど
オリジナルNFT発行・出品審査なし・無料
手数料販売手数料:2.5% ロイヤリティは運営者設定(0〜10%)
決済手段イーサリアム・ポリゴン・クレイトン・テゾス
対応ウォレットメタマスク・SafePal・imTokenなど
対応ネットワークイーサリアム・ポリゴン・クレイトン・テゾス
日本語対応あり

BlurはOpenSeaに遅れて設立されたNFT販売サイトながら、シェアを急速に拡大させている取引所です。

特徴は大きく3点。

  • 取引量は世界一位の実績
  • 独自トークン発行
  • アグリゲーター機能

アグリゲーター機能により、OpenSeaなど複数の取引所で出品されているNFTを、同サイト内で取引できるのが特徴。

NFT販売サイトによって価格が異なっていても、複数のNFT販売所を見渡し、最安値を見つける必要なく同サイトで購入できます。

ミタマ

価格コムみたいなサイトですね

ただ同サイトはNFT購入のみで、NFTの発行や出品はできません。

販売サイト名Blur
販売コンテンツデジタルアート・音楽・ドメインアドレス・ゲーム・ドメインアドレスなど
オリジナルNFT発行・出品不可
手数料販売手数料:0.5%
決済手段イーサリアム
対応ウォレットメタマスクなど
対応ネットワークイーサリアム
日本語対応なし

同サイトの特徴は大きく3点。

  • 安価なNFT売買手数料
  • NFT発行が誰でも審査なく無料でできる
  • ロイヤリティが自由に設定できる

Raribleは海外のNFTプラットフォーム内でも安価な取引手数料1%を実現しているのが最大の特徴。

OpenSeaやBlurといった大きなシェアは獲得できていませんが、デジタルアートの売買を中心に一定の人気がある販売サイトです。

販売サイト名Rarible
販売コンテンツデジタルアート・音楽・動画・ドメインアドレス・メタバース上の土地など
オリジナルNFT発行・出品審査なし・無料
手数料販売/購入手数料:1% ロイヤリティ:10%(初期設定)クレカ決済:3%
決済手段イーサリアム・クレジットカード(日本不可)
対応ウォレットメタマスク・Formatic、WalletConnect、Coinbase Wallet、MyEtherWallet、Torusなど
対応ネットワークイーサリアム・ポリゴン・テゾス・IMX(イミュータブル X)
日本語対応一部対応

イーサリアムチェーンで展開されているSuperRare(スーパーレア)の特徴は、以下の3点。

  • NFTの質が高い
  • 独自トークン「Rare」を発行している
  • ロイヤリティ設定が10%

高品質なNFTアートだけを取り扱う方針の同サイトでは、誰でもNFT発行はできません。

審査制のため、他の販売サイトよりも高品筆・高単価なNFTが集まる傾向になっています。

販売サイト名SuperRare
販売コンテンツデジタルアート
オリジナルNFT発行・出品審査制
手数料購入時手数料:3% 一次販売手数料:15%
決済手段イーサリアム
対応ウォレットメタマスク・Fortmatic・WalletConnect
対応ネットワークイーサリアム
日本語対応非対応

X2Y2は、OpenSeaに対抗意識を燃やすNFT販売サイト。

  • 日本語対応
  • 販売所手数料が0.5%
  • 独自トークン発行

ネットワークはイーサリアムのみ。

日本語にも対応しているので、英語が苦手な方でも安心して使えますがNFTの新規作成・発行はできません。

二次流通の手数料に関しては、購入者が決定権を持つなどの仕組みがあります。

X2Y2トークンの発行やNFTローンなど独自のサービスも展開しており、OpenSeaやBlurには及ばないものの、一定数の支持を集めています。

販売サイト名X2Y2
販売コンテンツデジタルアート・音楽・動画・ドメインアドレス・メタバース上の土地など
オリジナルNFT発行・出品不可
手数料販売手数料:0.5% ロイヤリティは購入者の任意設定可
決済手段イーサリアム
対応ウォレットメタマスクなど
対応ネットワークイーサリアム
日本語対応対応

Foundationは、「招待制」による出品と、「オークション形式販売」の2つの特徴がありました。

今は、両方とも廃止され、誰でも出品可能になり、固定価格での販売も可能に。

洗練されたサイト設計は、他の取引所と見比べて定評がありますが、他の魅力がないのが正直なところ。

販売所手数料も、一時流通15%、二次流通時には5%と他のNFT販売所に比較して非常に割高な点もあり、メリットが希薄化してしまいました。

販売サイト名Foundation
販売コンテンツデジタルアート
オリジナルNFT発行・出品無料
手数料販売手数料:一次15% 二次流通:5%
決済手段イーサリアム
対応ウォレットメタマスクなど
対応ネットワークイーサリアム
日本語対応非対応

2022年1月にOpenSeaに対抗する形で誕生したNFT販売サイト。

  • イーサリアムチェーンに対応
  • 仮想通貨・LooksRare(LOOKS)を発行
  • 取引手数料がOpenSeaに比べて安い

仮想通貨・LOOKSを発行しており、運営への方針投票権となるほか、ユーザーへの還元として無料配布されることもありました。

また販売所が徴収する利用料は2%と当初より安価な部類でしたが、現在は無料に引き下げています。

販売サイト名LooksRare
販売コンテンツデジタルアート
オリジナルNFT発行・出品不可
手数料無料
決済手段イーサリアム・LOOKS
対応ウォレットメタマスクなど
対応ネットワークイーサリアム
日本語対応対応

元はブロックチェーンSolana(ソラナ)のNFTを中心に販売しているサイト。

  • SolanaのNFT販売所では世界最大級
  • デジタルアートとゲームに特化
  • Ordinals取り扱いでトップシェア争い

NFT出品は無料ですが、独自のNFTを生成・販売するには審査を通らないとできないため、参入ハードルはやや高め。

ビットコインNFTとなるOrdinalsを取り扱い始め、取引量や取引金額でトップシェアを誇ります。

販売サイト名Magic Eden
販売コンテンツデジタルアート・ゲーム
オリジナルNFT発行・出品審査制
手数料販売手数料:2% ロイヤリティ:運営者設定
決済手段ビットコイン・イーサリアム・ポリゴン・SOL
対応ウォレットメタマスク・Phantom、Solflare、Sollet、Torus、Ledgerなど
対応ネットワークビットコイン・イーサリアム・ソラーナ
日本語対応非対応

複数のチェーンに対応しているNFT販売所で、海外に向けて展開していましたが、逆輸入する形で日本にてサービスが開始されました。

  • 日本発の海外向けNFT販売所の逆輸入
  • デジタルアートとゲーム特化 
  • さまざまなチェーンに対応

音楽や写真NFTは販売せず、デジタルアートとゲームジャンルに特化しています。

またオリジナルのNFT発行・発売機能はなく、他のNFT販売サイトで入手したものを販売するサイトとなっています。

運営企業が日本ということもあり、日本語対応もばっちりで使いやすい設計です。

販売サイト名TofuNFT
販売コンテンツデジタルアート・ゲーム
オリジナルNFT発行・出品無料
手数料販売手数料:5% ロイヤリティ:運営者設定
決済手段イーサリアム・ポリゴン・BNBなど
対応ウォレットメタマスク・WalletConnect・im Token・Trust Walletなど
対応ネットワークイーサリアム・BNB・ポリゴン・Avalancheなど
日本語対応対応

あの通販大手のAmazonも、NFT販売サイトを立ち上げるのではとの話も上がってきています。

現時点では情報が不確定なのですが、どうやら「Amazon Digital Marketplace」と呼ばれる独自のNFT販売サイトを準備中のようです。

Web2の大手がNFT事業に参入する初めてのケースとなるため、どのような打ち手を打ってくるのか気になりますね。

NFT取引におすすめの国内取引所

コインチェック(初心者おすすめ)
公式リンク:https://coincheck.com/ja
4年連続日本一のアプリDL数を誇る利用率!初心者でも迷わず仮想通貨を買える

\4年連続No.1充実のサポート体制/

Coincheckの詳細を見てみる

OpenSeaでNFT取引の始め方

ミタマ

NFT取引を始めるには何を準備するの?

ここではNFT取引に必要な準備を順番に解説していきます。

NFT取引を始めるには以下を準備していきましょう。

出品方法を知りたい方はこちらからショートカットできます。

順番に解説していきます。

NFT取引のはじめかた

NFT取引をはじめるやり方(事前準備)を解説していきます。

やり方を間違えないようにひとつずつ確認しながら進めていきましょう。

仮想通貨取引所で口座開設する

最初にコインチェック口座を開設しましょう。

NFT売買の手数料に必要な仮想通貨を用意するためです。

NFT取引ステップ1コインチェック開設

以下のリンクからコインチェックにアクセスします。

公式サイト→https://coincheck.com/ja/

口座開設(無料)はこちら」から登録を進めましょう。

本人確認書類など登録して、審査が完了すると最短翌日から仮想通貨の取引が開始できますよ。

ETH(イーサ)を購入する

NFT取引ステップ2ETH購入

開設した口座で、仮想通貨ETH(イーサ)を購入しましょう。

イーサリアムを購入するためには、まずはコインチェックに日本円を入金します。

ホーム画面の「日本円を入金」から日本円を入金できます。

メタマスクを導入する

仮想通貨ETH(イーサ)を入手したら、個人管理のウォレットを導入します。

NFT取引ステップメタマスク導入

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨やNFTも収納する個人ウォレットです。

Google Chromeの拡張機能から、無料で導入できるのも魅力です。

メタマスク公式サイト→https://metamask.io/

こちらの記事に詳しい導入方法や注意点をまとめています。

メタマスクにETHを送金する

国内取引所にて購入したETH(イーサ)を、導入したメタマスクに送金しておきましょう。

NFT取引ステップメタマスクへ送金

手順は以下の3ステップ。

  • メタマスクを開いてウォレットアドレスをコピー
  • 取引所のETH送金先にメタマスクのウォレットアドレスをペーストして登録
  • 登録したアドレス宛にETHを送金

ウォレットアドレスやチェーン登録が間違っていると二度と戻ってこないので注意しましょう。

NFTマーケットプレイスにアクセスする

NFTマーケットプレイスにアクセスしましょう。ここではOpenSeaで紹介します。

OpenSeaに初めてアクセスすると「Welcome〜」と表示されるので「Accept and sign」をクリックします。

NFT取引ステップOpenSeaにメタマスク接続
初回OS接続時

メタマスクが起動するので署名すると使用可能になります。

メタマスク署名

以上でOpenSeaでの、NFTを「売る・買う・出品する」の事前準備が完了です!

各サイトの公式サイトを間違えないようにアクセスしましょう。

NFT購入時の注意点

NFTを買う時は4つの注意点に気をつけてください。

ミタマ

それぞれ解説していきます

ガス代を見て購入やNFT移動する

NFTを購入や移動する場合にはガス代という手数料が必ず発生します。

このガス代は24時間365日変動していて、混雑するタイミングは高額なガス代を請求されることも。

常時変動するガス代は「ガスナウ」からリアルタイムで推移を見ることが可能です。

赤い色が濃くなる(数値が高くなる)ほど高騰しています。

無駄な出費を避けるため高騰しているタイミングは操作を極力避けましょう。

ガス代が発生するタイミング事例

  • NFTを買うとき
  • 所持中のNFTを初めて転売(リスト)する(コレクションの初回リスト時のみ)
  • オファー購入を承諾するとき
  • NFTを別のウォレットへ移動する時
  • オリジナルNFTをIPFSにするとき

ガス代を節約すべくメタマスクの操作から低速にすると処理が詰まる原因になります。

変にいじらず、ガスナウ高騰するタイミングを避けて処理しましょう。

こちらの記事ではより詳しく解説しています。

関連記事

フィッシング詐欺に気をつけよう

NFT取引や仮想通貨取引を始めると、高確率でフィッシング詐欺に遭遇します。

  • メタマスクを検索すると偽サイトが上位表示され誤ってインストール
  • OpenSeaに装った偽サイトにメタマスクを接続させる
  • discordやSNSで見知らぬ人からのDMやメンションが来る
  • Twitterのタイムラインに限定割引やフリーミント情報が流れてくる
  • 有名インフルエンサーになりすます偽物アカウント

詐欺師はあらゆる手段で偽サイトへ誘導してきます

すぐアクセスする前に、信頼できる仲間にやコミュニティへ相談するなどしましょう。

OpenSeaの偽物に気をつける

本物
本物コレクション
偽物
偽物コレクション

OpenSeaには偽物のコレクションが展開されている場合が多くみられます。

表面上の文章や画像はいくらでもコピーできてしまうから偽物が乱立します。

売れ筋のコレクションであるほど、偽物コレクションがコピーされOpenSea上に展開されてしまいます。

見破る方法

  • ownersやtotal volumeなど偽造できない実績を見比べる
  • 公式discordから直接リンクでOpenSeaへアクセスする
  • 公式Twitterから直接OpenSea上のコレクションへアクセスする

もちろんTwitter上にも偽物が出回っているので、本物かどうかきちんと見極めてアクセスしましょう。

見知らぬNFTには触らない

OpenSea上でメタマスクを接続すると、購入記憶がないNFTがウォレットに届いていることもあります。

住所(ここではウォレットアドレス)がわかれば一方的に送ることが可能なため、詐欺NFTが届くことがあります。

ミタマ

自宅に届くDMやメールと同じですね

スパム(詐欺)NFTはOpenSea上の「collected」や「Hidden」に突然送られてきます。

これらのスパムNFTは下手に触るとウォレットの中身が仮想通貨を含めすべて盗まれる危険性も

見知らぬNFTは放置しておき、オファーや売買金額が付いていても絶対に触れないようにしてください。

NFT取引におすすめの国内取引所

NFTを売買するには仮想通貨(ETH:イーサ)が必要です。

ETH(イーサ)を売買するには、仮想通貨取引所の開設が必要です。

国内大手の仮想通貨取引所Coincheckなら最短翌日から取引開始できます。

スマホからも無料で口座開設手続きができるので、サクッと準備しておきましょう。

コインチェック公式サイト→https://coincheck.com/ja/

\4年連続No.1充実のサポート体制/

Coincheckの詳細を見てみる

OpenSeaでNFTを出品する方法

ここからは自分のアート作品をマーケットプレイスでNFT出品する手順について解説していきます。

独自作品をOpenSeaでNFT化して販売するには、5つの手順で可能です。

ここではOpenSeaでNFTを出品する流れを解説していきます。

順番に見ていきましょう。

デジタルデータを準備

NFTとして出品できるデジタルデータには制限があります。

デジタルデータを準備

NFTとして出品できるもの

  • 容量制限:1点あたり100MBまで
  • 拡張子・ファイル形式GIFPNGJPG・SVG・MP4・WAV・MP3・WEBM・GLB・OGGGLTF
  • デジタルコンテンツ画像・動画・音楽・3Dモデル

これらの条件に合うものを用意できればOK

仮になくても簡単なアプリ等で作ってNFTとして販売するのも、撮影したスマホの写真でもOK。

詳しくはこちらの記事内にありますので参考にしてみてください。

OpenSeaにメタマスクを接続する

OpenSeaにメタマスクを接続することで、利用開始可能となります。

OpenSeaにメタマスク接続

サイト利用に必要な、登録手続きは一切入りません

氏名に住所、電話番号やメールアドレスなど従来の手続きは不要。

代わりにメタマスク接続で使えるようになります。

メールアドレスを登録することで、対象NFTが売れた時や購入できた際のメールが届くなど、より便利になるので最初はしなくてOKです。

操作に慣れていない序盤は、メールアドレスを登録する必要はありません。

コレクションページを作成する

メタマスクを接続しアイコンにカーソルを乗せて展開された中にある「My Collections」を選択してください。

コレクションページを作成
マイコレクション

作成したマイコレクションという本棚の中に、NFTが収納されるイメージです。

MyCollections→「Create α collection」をクリックします。

表示されているロゴやバナーなど上から順番に設定し、最後に「Create」を押してコレクションページを作成完了しましょう。

こちらの記事にも詳細を載せていますので参考にしてみてください。

マイコレクションにデジタルデータをミントする

作成したマイNFTコレクション内にデジタルデータをアップロードしましょう。

ミントとは、デジタルデータをNFT化することです。

メタマスクを接続したら、アイコンにカーソルを持っていくと展開される「Create」を押します。

アップロードしてNFT化
クリエイト

「Create New Item」画面に移行するので、デジタルデータをアップロードしていきましょう。

上から順番に選択や穴埋めしていき、最後に「Create」を押せばデジタルデータのNFT化(ミント)完了です。

NFTコレクションに販売方法・価格を設定する

マイコレクションにデジタルデータをミントしたら、最後に販売方法・価格を設定しましょう。

価格をつけてリスト

条件設定するのは以下の3点。

販売方法:オークションか固定価格か

販売期間:最長6ヶ月

販売価格値上げはガス代(手数料)発生するので注意

上記を設定後、「Complete listing」をクリックするとメタマスクが起動します。

署名したらリスト(販売)開始が完了です!

こちらの記事でOpenSeaに出品する方法をより詳しく解説しています。

合わせて読みたい

NFTはどこで始める?で多くみられる質問

よくある質問をここでまとめて回答していきます。

先に疑問点を解決しておきましょう。

NFTプラットフォームとは何ですか?

NFTプラットフォームとは、NFTを売買できるNFT取引所のこと。

マーケットプレイスと同義語です。

クリエイターがNFTを制作・販売したり、利用者がNFTを転売したりできます。

NFTプラットフォームによって独自NFTの作成や出品ができないところもあります。

NFTアートのガス代はいくらですか?

一概にガス代がいくらとは言えません。

24時間365日ガス代は変動しており、混み合うタイミングでは高騰するからです。

2022年ガス代
2022年ガス代
2023年ガス代
2023年ガス代

参考までに2022年度と2023年度で同時期のデータをもとに計算してみました。

同時期の4回分の平均値は2022年$13.72752023年は$5.615でした。

NFTは日本円で買うことはできますか?

結論を先に言うと、パブリックチェーンである海外プラットフォームでは日本円でNFTを購入できません

日本円など法定通貨で購入できるのは、国内プライベートチェーンの取引所だけ。

原則として決済は仮想通貨での取引となっています。

NFTアートはどこがいい?

NFTアートを始めるなら、OpenSeaが最もおすすめです。

  • 海外サイトでありながら日本語に対応している
  • NFTの取引量や取扱量・ユーザー数どれも世界最大級
  • NFT出品が誰でも無料でできる
  • 日本人クリエイターも数多く利用している

こちらの記事にOpenSeaの使い方をまとめていますので参考にしてみてください。

合わせて読む

NFTを始めるならOpenSeaがおすすめ

本記事の要点をまとめます。

  • NFTマーケットプレイスは国内外多数ある
  • 国内のNFT取引所はほとんどがプライベートチェーン
  • NFTのメリットを最大限活かすなら海外のパブリックチェーン
  • 海外のNFTマーケットプレイスでもOpenSeaが最もおすすめ
  • OpenSeaは誰でも無料でオリジナルNFTが発行・販売できる

NFTのメリットを最大限活用しつつ無料で誰でも始められるOpenSeaは、利用者も取扱量も世界最大級でおすすめです。

まだ国内のNFTユーザーは1.8万人前後と見られるとても小さな市場。

国内むけにターゲットを見定めるより、NFTのメリットを活かして世界に向けて販売した方が大きな可能性があります。

NFTは今から始めても遅いどころか、先頭集団の仲間入りです。

まずリスクほぼゼロで始められるOpneSeaでNFT出品などから始めてみてはいかがでしょう?

合わせて読む

NFT取引におすすめの国内取引所

コインチェック(初心者に最もおすすめ)
公式リンク:https://coincheck.com/ja
ちょっとだけ割高な取引手数料ですが、その分コインチェックはサポート体制が充実

初心者に優しいわかりやすい設計なので初めての方・仮想通貨取引に不安な方におすすめです。

\4年連続No.1/

Coincheck

\無料口座開設/

詳細を見てみる

-プラットフォーム
-